角膜に異常を感じたらすぐに使用を止める

なぜ角膜に異常を与えるのか

基本的にコンタクトレンズを付けている時は、酸素が角膜に行くづらくなってしまいます。
それに加えて、ドライアイの人はより目にかかる負担が大きくなってしまい、その結果角膜が炎症したり傷ついたりすることもあるのです。

適切に使用すれば滅多に起こりません

もちろん、自分に合ったコンタクトレンズを適切に使用すれば、滅多にそういった異常が起こることはありません。
逆に言えば、自分に合わないコンタクトレンズを使用したり、間違った方法でコンタクトレンズを付けてしまうと、角膜に異常を与える可能性は十分にあるわけです。

ちょっとでも痛みや痒みなどを感じたりする

基本的に角膜に異常が発生すると、痛みであったり痒みが生じることが多いです。
したがって、少しでもそういった症状が発生したのであれば、すぐにコンタクトレンズの使用をストップするようにしましょう。
そして、医師に診てもらい原因を突き止め、そこからまたコンタクトレンズを使用するかどうかを検討するようにしましょう。