装着前は必ず眼科の検診はしっかり行う

まずは眼科で検診してもらう

コンタクトレンズを購入する前に、まずは眼科の方で検診をしてもらう必要があります。
視力を測るのはもちろんですが、どういったコンタクトレンズを使用するのがいいのかを、しっかりと指導してもらうのです。
そもそも、コンタクトレンズの処方や指導は、医師でなければできない行為なので、必ずこの手順を踏まないといけないのです。
ただ、まず最初にコンタクトレンズ店に訪れて、どういったコンタクトレンズが置いてあるのか、スタッフから簡単な説明を受けてから、眼科の方で処方をしてもらう方法もあります。
また、多くのお店では隣接した場所に眼科があるケースも多いので、先にお店へ行った方が効率がいい可能性も高いのです。

眼科での処方が終われば、コンタクトレンズを購入することになります。
基本的には、処方された内容の診断書をスタッフに渡せば、それに合うコンタクトレンズを紹介してくれます。
ただ、その中でも自分の目に合う物と合わない物があるでしょうから、じっくりと確認をした上で購入するようにしましょう。

あとは実際に付けてみる

コンタクトレンズを購入すれば、いよいよ実際に付けてみることになります。
もしも、購入したコンタクトレンズを装着して、何かしらの異常を感じたり、目に負担がかかると思ったのであれば、すぐに使用を中止して、再度眼科に訪れてチェックしてもらうようにしましょう。
もちろん、お店で購入する際も試着はするわけですが、短時間では問題なくても長時間の使用だと影響が出るケースもあるのです。

事前の下調べをやっておく

いずれにしても、これからコンタクトレンズの使用を考えているのであれば、事前に下調べしておくことをオススメします。