自分の目と合うコンタクトレンズ

目の形状も人それぞれ違う

そもそも、目の形状は人によって違うわけですから、合うコンタクトレンズが違うのも当たり前なのです。
全く同じ形状の人はまずいませんから、まずは眼科の方でしっかりと検査をしてもらった上で、最も適したコンタクトレンズを処方してもらう必要があるのです。

もちろん目の形状以外にも大事な要素はある

また、目の形状だけに限らず、その人の視力はもちろんのこと、涙が出る量であったり、目が乾きやすいかどうか、そういった要素も踏まえた上で、自分に合うコンタクトレンズを選ぶ必要があるのです。
たとえ形はフィットしても、目の性質とマッチしなければ意味がないのです。

合わないコンタクトレンズを使用するリスク

ただ、たとえ自分に合わないコンタクトレンズであっても、ごく短時間の使用であればそこまで影響はないかもしれません。
しかし、ある程度の長時間使用するとなれば、それ相応のリスクを伴うことになってしまうのです。
目の汚れや乾き、さらには大きな負担をかけてしまうことから、様々な病気にかかるリスクが生じてしまうのです。
それを考えても、やはり自分の目に合わないコンタクトレンズは控えるべきなのです。

いろんな情報が飛び交っている

ただ、コンタクトレンズに関する正しい情報というのは、結構探すのに苦労したりするのです。
例えば、コンタクトレンズの正しい使用方法を紹介しているサイトなどを見ても、同じやり方なのに正しい方法として紹介しているサイトもあれば、間違った方法として紹介しているサイトもあるのです。
さらには、眼科医によっても言ってることが違ったりするので、コンタクトレンズの使用方法に関しては、いろんな情報が飛び交う現状なのです。