睡眠時は目に大きなダメージを与える

目に対して大きな負担を与える

睡眠時も角膜部分は呼吸をしていますから、コンタクトレンズを付けたままだと酸素が行き渡らない状態になるのです。
それによって、目が炎症を起こしてしまったり、角膜炎になってしまう可能性もあるのです。
最悪の場合は、失明に繋がる恐れすらあるのです。

睡眠時でも装着可能のコンタクトレンズもあります

最近では、コンタクトレンズを付けたまま眠っても大丈夫な物も増えてきました。
ただ、それでも目に負担がかかることは事実なので、できるだけ外すように心がけましょう。

仮眠の場合でも外すようにしよう

また、長時間の睡眠ではなく、1~2時間程度の仮眠をする場合も、できればコンタクトレンズは外した方がいいです。
特に、カラーコンタクトの場合はなおさら外すべきだと言えます。