ハードコンタクトの利点と欠点は?

角膜にしっかり空気を与える

基本的にハードコンタクトレンズは小さいサイトなので、角膜にしっかりと空気を与えるのです。

また、酸素の透過性も非常に高いことから、全体的な負担も軽減されるのです。

他にも、使用する目薬によって制限されることも少なく、手入れも簡単で寿命が長いメリットもあります。

そういったことに魅力を感じ、ハードコンタクトレンズを選ぶ人も多いのです。

レンズが小さく落としやすい

ただ、当然ですがメリットばかりではありません。

例えば、装着するのが慣れるまでは難しく感じると思います。

また、レンズのサイズが小さいことから、頻繁に落としてしまうことも多いです。

あとは、分泌される涙の量が多いと、コンタクトレンズに付いている汚れが目に入ってしまう可能性もあります。

ハードコンタクトレンズは、透過性が高いことから、どうしても汚れ安くなってしまうのです。