コンタクトレンズには人によって向き不向きがある

場合によったは危険な状況になることもある

コンタクトレンズが向いていない人が無理に使用すると、場合によっては目が危険な状況になってしまうかもしれないのです。
そのため、そういった危険を防ぐためにも、コンタクトレンズが自分に合っているかどうか、しっかりと確かめないといけないのです。

ドライアイや結膜炎の人は要注意

特に気を付けないといけない人は、目が乾燥しやすいドライアイの人、あるいは結膜炎を発症している人。
このような人は、コンタクトレンズを使用することで、さらに悪化してしまう可能性もあるのです。
軽度であれば対策を取れば大丈夫ですが、重度となれば使用は控えるべきだと言えます。

目がコンタクトレンズを受け付けない場合

また、目の形状であったり細胞膜などにより、コンタクトレンズを受け入れない場合もあるのです。
どのコンタクトレンズを使用しても、なかなか自分の目に合う物が見つからないと思ったら、そもそもコンタクトレンズ自体が合わない形になっているかもしれないのです。

使用してみないと分からない面もある

ただ、装着した際は特に何も影響を感じなくても、しばらくすると目に異常が生じたり、痛みなどを感じるケースもあります。
このように、実際に使用してみないと分からない面もあるので、もし何か異常を感じたのであれば、すぐに使用を中止して医師に相談するようにしましょう。