素敵なアイメイクのためには目の健康も大切です

パソコンやスマホの画面を見る時間が増えるにつれて、疲れ目に悩む人が増えてきています。充血、かゆみ、クマなど、何かとトラブルも多いようです。アイメイクをきれいに仕上げ、目ヂカラをアップさせるためにも、目元ケアのポイントをおさえておきましょう。

目の周りの皮膚は薄いのでやさしくタッチ

疲れやアレルギーでかゆくなってしまい、つい掻きむしりたくなることもあるでしょう。けれど、ゴシゴシこすることは禁物です。眼球を傷つけてしまう危険もありますが、皮膚も傷ついてカサカサになってしまいます。メイクのノリが悪くなったり、シワが増えたりする原因にもなりますので気をつけましょう。

アイメイクは先に、専用のクレンジング剤をたっぷり使って、やさしく丁寧に落としてください。まれに、アイシャドウのラメが目に入って炎症を起こす場合もありますので、洗顔後には洗浄液で洗ったり、目薬を入れるなどのケアをしておくと安心かもしれません。

疲れ目の影響は、クマとして表れることもあります。目の周りの皮膚は薄いので、疲れて血行が悪くなると、とどこおった血液が透けて青っぽく見えるからです。長時間パソコン画面を見つめたり、細かい作業で目を使うことが多い人は、意識して休憩をとるようにしてください。

目にも体にもストレッチが有効です

疲れ目対策としては、1時間パソコンに向かったら5分休憩する、ときどき遠くの景色を眺めて一息入れるなどの方法がありますが、休憩時間に軽くストレッチをすることもおすすめです。目と同時に体の筋肉もほぐすことで、肩や首のコリを防ぐ効果もあります。

目のストレッチ
・ウインクを左右交互に繰り返します。
・顔の端のほうを見るイメージで、上下左右に眼球を動かします。
・眼球をぐるぐると回します。右回り、左回りと交互に、めまいがしない程度に行ってください。

体のストレッチは伸びをしたり、肩を回したりするくらいでOKですが、目のストレッチではかなり変な顔をすることになりますので、トイレに立ったときにでも一人でやるとよいでしょう。

ドライアイ対策も忘れずにしておきましょう

エアコンによる空気の乾燥も、ドライアイの原因のひとつになります。加湿器をおいて適度な湿度を保つようしましょう。また、ドライアイ対策用のメガネを使うという方法もあります。フレームの端に水を入れることで乾燥を防いだり、ブルーライトをカットするレンズを使ったメガネです。

ドライアイでなくても、コンタクトレンズをしていると目が乾きやすくなります。同じパソコン作業をしていても、メガネのときよりも疲れやすくなってしまうそうです。そんなときは普段の目薬ではなく、コンタクトをしていても使える成分の目薬でケアしてあげてください。

疲れ目でクマができていたり、アイメイクのノリが悪かったりすると、せっかくの一日を憂鬱な気持ちですごさなければなりません。そうならないためにも、日ごろから疲れをためないようにして、お肌にやさしいスキンケアを心がけましょう。

昔に比べればかなり普及したコンタクトレンズ

なぜ昔は普及していなかったのか

そもそも、なぜ昔はコンタクトレンズは普及していなかったのでしょうか。
もちろん、単純に知名度が低かったのも大きな要因ではあります。
それに加えて、当時は価格が非常に高かったので、一般市民には手に入れるのが困難だったのです。

知名度も高まり価格もお手頃になった

その後、コンタクトレンズの知名度もかなり高まり、さらに価格に関してもお手頃価格になったので、多くの人が使用するようになったのです。
特に、芸能人などがコンタクトレンズを多く利用するようになったのも、普及した1つの要因だと言えます。

正しい使い方を知らない人は未だに多い

ただ、これだけ普及をした現代でも、コンタクトレンズの正しい使い方を知らない人は、未だにたくさんいるのが現状なのです。
そもそも、ネットで記載されているコンタクトレンズの使用方法も、間違った情報が多々あるわけですから、それも無理はないのかもしれません。

使い方の間違いは大きな危険を招く

コンタクトレンズは、使い方を間違ってしまうと、非常に大きな危険を招くこともあるのです。
メガネと違って、そのまま目に付けて使用するわけですから、メガメよりもリスクはかなり高いと言えるのです。
したがって、基本的な使用方法を把握するのはもちろんですが、意外と間違いやすい使い方に関しても、しっかりと覚えておかなければならないのです。

医師とスタッフの説明をしっかりと聞く

ネットにもたくさんの情報がありますが、やはりコンタクトレンズに詳しい、医師と販売スタッフの話をしっかりと聞くことが大事だと言えます。
その上で、自分でも色々と情報を調べたりしながら、常に正しい方法で使用するように心がけましょう。

妊活を成功させるために必要な葉酸サプリ